豊橋市内にある一戸建て注文住宅です。
道路拡張によってお住まいを建て替えることになったお施主様。以前までのお住まいは2階建てでしたが、より生活のしやすいように動線の短い平屋の家をプランニング。平屋と言ってもロフトがあり、2階建てに近いようなスタイルで、余裕のある広々とした空間の自然素材を活かした高性能な住宅です。

平屋住宅の大きなポイントが、動線の短さ。2階建てとは異なり、一つの階で生活が完結する点です。基本的に上下階の登り降りもないので、将来的にも安心です。また天井を高くすることで、より広がりを感じられるのも魅力となっています。

外観の大きな特徴は、ダイナミックな片流れ屋根。玄関はプライバシー保護の観点から、道路とは面していない南側に配置。東側から沢山の太陽の光が入るように、大きな窓を上下に二つ取り付けてあるのもポイントです。

東側の外壁には、自然素材の塗り壁材である漆喰を採用。他の三方の外壁には、軽量で耐久性のあるガルバリウム鋼板を使い、スタイリッシュに。コントラストの映える外観の配色となっています。

エントランスの緩やかな階段には、以前のお住まいから移し替えた小ぶりの一本の樹。東側には緑が好きなお施主様に合わせて、花壇もあります。玄関を入ると左手には、小物を置いたり、腰掛けたりすることも可能な靴箱。

正面には、ロフトへの階段も。一般的なロフトの場合、ハシゴが取り付けられますが、より安全に登り降りがしやすいように、階段を設置してあります。

左手に入っていくと、天井の高いリビング・ダイニング。繋がりのあるスタイルで、右手には掘りごたつのある和ブースも。掘りごたつは、畳をはめ込むことで、フラットな空間に変更できるようにしてあります。季節や状況に合わせられる使い勝手の良いスペースです。

床材には長野の安曇野のマツ、天井にはスギを採用した木の温もりの溢れるリビング・ダイニング。東側に大きな窓が上下にあり、南側にも上部に大きな窓、下部には二つの掃き出し窓が取り付けてあります。太陽の光がたっぷりと入る空間に仕上がっています。

特に東側の上下の窓と南側の上部の窓は、フロストガラスとも呼ばれる、くもりガラスを採用しているので、外部からの視線を遮りながらも、明るさを取り入れることが可能。また、カーテンを必要としない点も大きな特徴です。

リビング・ダイニングには、オープン型のキッチンがあり、和ブースとともに、それぞれ独立したスペースでありつつ、一体感のある空間に。

天然の木材を床や天井に使って、ナチュラルテイストの木の家と仕上げられた内観。東側の外壁と同様に、内壁には自然素材の漆喰で風合いのあるスタイルに。和ブースの上部には、物を置くスペースとしても活用できるロフトも。

L字型の階段下には、二方向に収納スペースを設置。空間を最大限に活かして、無駄のない設計となっています。さらに和ブースの隣にも納戸があり、生活スペースが物で溢れる心配もありません。

奥へ進むと脱衣場と洗面室を兼ねた空間。こちらから、寝室、トイレ、お風呂へと移動できます。寝室には、大きなクローゼットと、縦長の滑り出し窓が三つある物干しスペース。太陽の光、風の流れ、天然の木材の調湿効果などが総合的に働き、洗濯物が乾きやすい環境を整えています。

トイレやお風呂には、各所に手すりを設けて、将来的にも安心して利用できるように細部まで、こだわって仕上げてあります。

バリアフリー設計なども取り入れて、平屋でありながらも広々とした空間を感じられる高性能な自然素材の木の家が完成しました。