八幡の家

八幡の家

豊川市内にある一戸建て注文住宅です。
デザインは北欧スタイルに、また子育てのしやすい間取りに仕上がっています。高気密・高断熱・高耐震の工法を採用し、ゼロ・エネルギー・ハウスと呼ばれるZEH(ゼッチ)にも対応した高性能な住宅。屋根には太陽光発電パネルもありオール電化でありながら、ヒノキやマツ、スギ、漆喰などがふんだんに使われた自然素材の家です。

外観は直線を活かしてスタイリッシュに。外壁には軽量で耐久性もあるガルバリウム鋼板を採用し、お施主様のご要望にお応えしてダークブルーでおまとめしています。正面の1階部分は、ホワイト系の塗り壁材を使い、コントラストの映えるスタイルに。玄関脇にある石を積み上げたガビオンも注目のポイントです。

裏庭側には、スギのウッドデッキも。洗濯物を干したり、ご家族で日向ぼっこをしたりと使い勝手の良いスペースです。またコリアンダーやスペアミント、サラダバーネットなどを植えたキッチンガーデンもご用意。お庭に彩りを与えて、さらにちょっとしたお料理などにも使えるので、非常にオススメです。

玄関を入ると右手には広々としたシューズクローク。外で使う道具や小物なども置けるといった、さまざまに活用できるスペースです。左手側には通常の収納棚も。また小さな腰掛けベンチを取り付けているのもポイントです。

内壁は自然素材の漆喰を中心に採用していますが、玄関ホールの左手側には大理石風のフロアタイルを使って、オシャレな空間を演出。ダーク系の色を取り入れることで、引き締まったシャープな印象を与えています。

玄関から真っ直ぐ進むとパントリーもあるキッチンに。1階の間取りは、キッチンを支点にしてダイニングとリビングを振り分けたスタイルです。緩やかな繋がりがありつつも、食事をする場所とくつろぐ場所とを、それぞれ程良く区分けしています。

ダイニングの隣には洗面所へと続く部屋干しとアイロン台のスペース。裏庭へ出られる勝手口もあるので、洗濯物を外に出したり、片付けたりするのも簡単です。家事動線や回遊性に十分に配慮してあるのも大きな特徴となっています。

ダイニングは吹き抜けとなり、2階からも太陽の明るい光が入って、縦方向に広がりを感じられるスタイルに。リビング側は続きの間として、小上がりの和室があり横方向に広がりを感じられるようになっています。

和室は和紙を素材にした畳を採用。普段はくつろぎの空間に、お客様が来た時には宿泊スペースなどにも利用できます。小上がりの下の部分は収納スペースになっているのも大きな魅力のポイントです。

2階はご夫婦の寝室と子供部屋を配置。寝室には大容量のウォークインクローゼットも。子供部屋は、将来的に2つの部屋に分けられるように、2つのドアを取り付けてあります。お子さんが小さい時には、広々としたファミリースペースとして利用できます。

断熱性能を高めるために、窓ガラスは空気よりも熱伝導率の低いアルゴンガス入りのペアガラスで、サッシは樹脂製のものを採用。夏には涼しく冬には暖かく過ごせる環境が整っています。自然素材を活かした工務店ならではの自由な間取りの高性能な住宅が完成しました。