高松の家

高松の家

田原市内の一戸建て注文住宅です。
お施主様のご希望は外観をシンプルに、内観は木の見える空間に。海からの風の音や近くの道路を通る車の音が気にならないように遮音性にも優れ、暖かいお住まいをお求めでした。そのため遮音性や吸音性にも優れた木質繊維の断熱材のセルロースファイバーを採用しました。

外観はシンプルで落ち着いた色のガルバリウム鋼板で、リビングから繋がる広々としたウッドデッキも設置してあります。夏には仲の良い方々を呼んで一緒にバーベキューやパーティーなども楽しめます。内観は床材にはパインを、天井には杉材を使い、木の温もりが溢れる空間に仕上げました。

玄関は縦に長くスペースを十分に確保。その奥にはたっぷりと収納できるシューズクローク。土間の部分と合わせて空間にゆとりがあり、ベビーカーなども置けるので安心です。玄関を抜けると広々としたリビング。中央の部分には階段が設置されています。玄関から2階のお部屋の動線の間にリビングがあることで、お出掛けや帰宅の際には、ご家族とのコミュニケーションが取りやすい間取りになっています。

内壁は漆喰と珪藻土がブレンドされた塗り壁。調湿性の他に防臭効果もある自然素材で、快適で過ごしやすい環境を実現しています。南側のウッドデッキに繋がる大開口も大きな特徴です。太陽の光がたくさん入る明るい空間に。また気密性や断熱性、遮音性にも優れた樹脂サッシを採用して、外気の温度や周辺の音の影響を最小限に抑えてあります。

キッチンも充実の装備。自動食器洗浄機とIHクッキングヒーターのあるシステムキッチンです。後方には食器や調味料などを収納できる大容量のパントリーも設置。奥様に嬉しい家事のしやすいキッチンに仕上がりました。

2階には大きな窓の取り付けられたお部屋も。夏の花火大会の特等席にもなるようにカウンター付きの窓になっています。このお部屋は将来的に間仕切りができるように、ドアが2つ取り付けられています。現在はファミリースペースとして、数年後にはお子さんのお部屋として大活躍しそうですね。

もう一つのお部屋にはウォークインクローゼットも。さらには旦那様のご要望で設置したロフトもあります。パソコンをしたり漫画を読んだりとくつろぎのスペースに。2階の窓は気密性や断熱性をさらに高めたアルゴンガスの入ったトリプルガラス。夏の日差しや外からの熱の影響を抑えることができます。

無垢材など木の温もりをいっぱい感じられる高松の家は、オール電化を採用。夜間電力を使用してお湯をつくるエコキュートも設置してあります。その他にも各所に小型の換気扇があり、空気の循環にも配慮しています。利用時のみカバーが開くので気密性も安心です。自然素材を活かした工務店ならではの自由な間取りの高機能な住宅が完成しました。