1
こだわりを全部、受け止めてくれました|K様邸

妻の実家の前に、根上建築さんが手掛けた家があって、木の雰囲気や無駄のない感じが良いなと思って、そこで調べて飛び込みで話を聞きに行きました(笑)。木の家とかが好きだったのもありますが、一番の決め手は根上さんの人柄です。今まで多くの建築屋さんの所を見て回って来ましたが、私自身のこだわりが強いので、なかなか合わなかったり、デザイナーさんと意見がぶつかってしまったり……。でも根上さんの場合は、全部を受け止めてくれました。無理という言葉がなくて、こちらの要望を実現するために可能な方法を考えてくれたのが凄く嬉しかったです。

新築したきっかけ

マイホームを持つことは、結婚した時からの妻の夢で、いつかは実現したいと思っていました。これまで何度か家づくりのタイミングがありましたが、いろいろと重なって今回やっと完成しました。私は美容師をしているのですが、まずはマイホームよりも自分のお店を持ちたいというのもあり、3年前に美容室をオープンして、ちょうど落ち着いてきた時期だったのも、家づくりに踏み切った理由の一つですね。

家の特徴

一番のこだわりは、家の中を極力、仕切らないようにしたことです。どこにいても家族の温度を感じられるのが良いですね。妻のこだわりは、オープンキッチンです。家族の表情が見えるのが良いと言っています。

外観はオシャレに見える感じの家をイメージしました。最初、色合いはグレーっぽくしようか、もっと濃いブルーにしようかとも考えましたが、何となく妻の雰囲気をイメージして、さわやかで鮮やかなブルーにしました。

土間のスペースもこだわりの部分です。当初は半分くらいのスペースでしたが、工事の途中で根上さんにお願いして2倍くらいの広さにしてもらいました。他にも現場ですり合わせて微調整をしてもらった部分が多かったです。

数字やメジャーで見ても、何となくしか分からないですし、実際に目で見ると想像と違うこともあるので。玄関や窓、テレビ台、スイッチ、ライトの位置、シューズクロークのドアの高さなど、その場で丁寧に作業してもらったので、非常にありがたかったです。

普通のスイッチが好きではなかったので、昔からの夢であったトグルスイッチを採用しています。イタリア製の洗面台もお気に入りです。色違いのものを自分のお店の美容室にも利用していたので、自宅にも入れてみました。

フィンランドの照明ブランドのセクト・デザインの木製ダイニングライトもお気に入りです。雑誌で見つけて、根上さんにお願いして本場のものを探してもらいました。この曲線とグラデーション、温かみのある感じが魅力ですね。

また物が多いので、シューズクロークやパントリー、ウォークインクローゼットなど収納もたっぷり用意してもらいました。床のフローリングも好きですね。節があって雰囲気をさらに良くしている感じです。あとは単純に、玄関を開けた時の広がりのある感じが特に好きですね。

家づくりを検討している方へのアドバイス

一日の生活の中で、どういう時間が一番大切なのかを考えて、家づくりを始めると良いと思います。あとは、家に帰ってからの動線などですね。

家に着いたら直ぐに何をするのか、まずリビングに行くのか、部屋に行くのか。そういったポイントから考えると家づくりを始めやすいと思います。自分の場合は、自宅に着いたら洗面所に行って、顔を洗ったりして、直ぐにリビングです。そこで、子供の話を聞いたり、妻の話を聞いたりして、くつろぐ時間を大切にしています。

もう一つのポイントとしては、こだわれる部分はこだわった方が良いですね。この部分は工務店さん選びに関連してきますが、どこまで自分たちのこだわりを反映してもらえるか、とことん話し合うのが一番です。いっぱい、わがままに、こだわりを伝えてみてください。

2
防音対策にもこだわった暖かい木の家|K様邸

何となく無垢の木が使われた家が良いなと思っていて、根上建築さんの施工事例の写真を見て、自分がイメージしていた木の家の雰囲気と同じだったので、家づくりをお願いしました。それと根上社長の真面目で誠実そうな人柄にも惹かれました。

新築したきっかけ

結婚をして次はやはり自分たちの住む家が欲しいなと思って、直ぐに家づくりに向けて動き始めました。実家を建て替えるのか、リフォームをするのか、それとも同じ敷地内に新築するのか、どうしたら良いのかよく分からなかったので、不動産屋さんが主催する住宅の無料相談に行ってみました。そこで工務店さんをいくつか紹介してもらい、その中で根上建築さんを知りました。

家の特徴

最終的には実家の敷地内に新築を建てることになりましたが、国道が近くて車の音だったり、海が近いので風の音が気になったりするので、防音対策にこだわりました。また実家が冬には非常に寒くなるので、暖かい家にしてもらいました。

外観はシンプルに四角い感じで、家の中は節のある木の雰囲気でお願いしました。南側は大きく広がった開口部で、ウッドデッキを設置しました。友人たちや家族と一緒にバーベキューなどを楽しめるようにしてあります。

将来、子供が成長した時にも、コミュニケーションが取りやすいように、リビングに階段を配置してもらいました。2階に子供部屋があっても、これで出掛ける時や帰って来た時に顔を合わせられます。2階の寝室の上に、無理を言って屋根裏をつくってもらいました(笑)。漫画を読んだり、パソコンをしたりできる部屋として活用する予定です。

実家にはタンスが多くて、クローゼットが無かったので、収納スペースは多めにつくってもらいました。見えるところに物が出ているのが好きではないので、収納がたくさんあるのは嬉しいですね。キッチンには、自動食洗機を設置してもらいました。レンジフードには自動洗浄機能もあるので、綺麗なままで維持できるのがとても嬉しいと妻が喜んでいます。

昔から憧れていたので、木の家に非常に満足しています。白い壁と木のコントラストもオシャレで好きです。あと南側の広い開口部がお気に入りです。太陽の光もたくさん入って明るいのは嬉しいですね。他に照明やトイレの一枚板のカウンターなども根上社長から提案してもらい、とても良い感じに仕上がっているので気に入っています。

家づくりを検討している方へのアドバイス

自分たちは、20代の半ばで家を建てることになりましたが、分からないことばかりだったので、どんな人と一緒に建てるのかが大切だと思いました。根上社長の人柄を見て、任せても大丈夫だと感じて、家づくりをお願いして良かったです。あとは一つでも、こだわりがあると決めやすいと思います。

3
木の見える高性能な住宅|A様邸

妻の知り合いが根上建築さんで家を建てていて、構造見学会に参加したり、また木の見えるデザインが好みだったりしたので、家づくりをお願いしました。他にも大きなハウスメーカーだと細かい部分に対応してもらえないような感じだったので、意見の言いやすそうな根上建築さんに決めました。

新築したきっかけ

もともと子供が小学校に入学する前には家を持ちたいと思っていました。以前まで住んでいたのが一戸建ての借家だったのですが、古くてとても寒く、また子供が大きくなり手狭に感じるようになったのもあり、色々とタイミングが重なり家づくりを決めました。

家の特徴

全体的なデザインは、シンプルで無駄のない感じでナチュラルな雰囲気をイメージして、木が各所に見えるようにまとめました。壁の漆喰は模様を残す感じで仕上げてあります。漆喰塗りは子供たちと一緒に家族でも参加したので、とても楽しく良い思い出になりました。

玄関脇のシューズクロークも広めにしてあります。生活スペースに物を出しておきたくないですし、整理しやすく欲しいものが直ぐ取れるように、収納も多くつくってもらいました。家の各所に取り付けた電気のスイッチ類は、秘密基地のような雰囲気を出したかったので、トグルスイッチにしました。よく行く雑貨屋さんで見つけて、それを取り付けました。子供もオン・オフがしやすいみたいで、デザインだけでなく使い勝手も良いですね。

キッチンは妻がこだわりました。これまで住んでいた家のキッチンより、広さは3倍くらいに、収納は5倍くらいになった感じです(笑)。素材はウォールナットで、深みのある雰囲気に仕上がっています。階段は2階に上がる時にもリビングを通るように配置しました。子供が大きくなった際にコミュニケーションが取りやすいように考慮してあります。

機能性は本当に想像以上です。高気密・高断熱・高耐震が特徴のスーパーウォール工法で建ててもらったので、暖かくて非常に満足しています。冬暖かいだけでなく、夏も涼しいと聞いているので、とても楽しみです。

家づくりを検討している方へのアドバイス

家にいるのは基本的に男性ではなく、誰がメインになるかを考えると自然に奥さんになります。そして、奥さんが長時間過ごす場所は、キッチンです。なので、キッチンをメインにして考えるのがオススメです。水まわり関連をポイントとして、しっかりと押さえると、全て丸く収まるような気がします。

一人で決めずに、しっかりと夫婦二人で話し合って、一緒になって考えた方が良いですね。いろいろと家や設備などを見る機会があれば、たくさん見た方が良いと思います。外観やデザイン、雰囲気などは、散歩しながら近所の家を見て回るだけでも、結構参考になるのでオススメです。

4
夢のビルトインガレージの家を実現|A様邸

根上社長とは、趣味の剣道を通じて知り合って、完成見学会などのイベントのチラシを私が手掛けたこともあり、仕事に対する真面目な姿勢や家づくりのコンセプトも分かっていたので、お願いしました。具体的に言えば、特に木の使い方が上手で大胆な点、機能面では断熱性を重視している点なども決め手となった部分です。

新築したきっかけ

以前までは住宅用のマンションと仕事用のアパートに加えて、駐車場も別々に借りて使っていました。良い土地が見つかれば、全てを一箇所に集約した住まいを建てたいと思っていました。タイミング的には、ローンの返済などを考えて年齢的な部分も大きかったですね。

家の特徴

グラフィックデザイナーとして仕事をしているので、1階を事務所、2階を居住スペースとした家を建てました。基本的には間取りの位置や大まかな要望を伝えて、プロにお任せした形です。自分もグラフィックデザイナーのプロとして仕事をしているので、専門的な部分はプロに委ねた感じです。

祖父が林業に携わっていたので、その材木を玄関や事務所のスペースに活用してもらいました。以前から夢だったビルトインガレージも、こだわりの一つです。事務所から愛車を眺められるようなスタイルにしてもらいました。事務所内は仕事がしやすいように、コンセントの位置や数なども希望を伝えて、使い勝手の良いワークスペースに仕上げてもらいました。

2階の居住スペースは、子供たちが小さい内には、走り回れるような感じが良いと思ったので、間仕切りのない広い空間です。床はフローリングで段差がないようにして、お掃除ロボットのルンバを使いやすいようにしました。屋根の断熱材も厚くしてもらって、窓も複層ガラスで樹脂サッシなので、雨や風など外の音もほとんど気になりません。

2階リビングは太陽の光がたくさん入って明るいですし、見晴らしが良いのも気に入っています。駐車スペースを広く取ってあるので、人を招きやすいのも大きなポイントだと思います。近所の集まりなどに出席した時に「ああ、あのオシャレな家の方ですね」みたいな感じで、好評を得られているのも、嬉しいですね(笑)。

家づくりを検討している方へのアドバイス

旦那様:頭金はたくさん用意した方が良いですね(笑)。あとは家の基本性能といった大事な部分は、ある程度、予算を掛けて良いものを選ぶのがオススメです。毎日の生活のストレスになってしまうと思うので。住まいの性能が優れていると、とても快適ですよ。

奥様:我が家のように、土間収納、パントリー、屋根裏収納など収納スペースが、たくさんあると便利です。特にゴミの分別が多い地域ですと、ゴミ箱の数も多くなりますし。住まいの収納力は重要だと思っています。なかなか難しいかもしれませんが、楽しみながら家づくりをしてみてくださいね。

5
地元で評判の工務店さんにお願いしました|M様邸

家づくりを考えた当初は、何となく一般的な住宅メーカーでマイホームを建てるのだろうなと考えていました。その後に、工務店さんで建ててもらうというのもあるんだなと知って、いろいろと細かい要望を聞いてもらえそうだったので、根上建築さんにお願いしました。他にも根上建築さんで家を建てた方やまわりの方の勧めがあったり、ご近所ということで何かあった時には直ぐに対応してもらえそうだったりしたのも決め手として大きかったですね。

新築したきっかけ

いつかは自分の家は持ちたいと思っていました。結婚してアパートに住んでいたので、家賃を払い続けるのはもったいないし、子供が小学校に入学する前にはマイホームを建てたいと考えて、実際に動き始めました。

家の特徴

飽きの来ないナチュラルテイストの木の家といった感じで、コテコテしていないシンプルな形にしてもらいました。外観では、グリーンの屋根瓦を使っているのもこだわりのポイントです。後はメンテナンスなどが気になったので、太陽光発電や床暖房といったものは付けずに、デザインと同様に設備関連も全てシンプルに仕上げてもらいました。

できる限り柱や扉をなくして、リビングやダイニングとワンフロアで、キッチンから全体を見渡せるような広々とした間取りにしてもらいました。太陽の光がたくさん入って明るい空間になるように、南側には開口部を大きく取ってあります。

特に気に入っている部分は、1階も2階も無垢のカバザクラを採用したフローリングです。節目のあるものを選んだので、より木の温かみを感じられるような気がしています。フローリングのニス塗りを自分たちで行なったので、思い入れもありますし、家づくりに携われたのも良かったです。

庭には樹脂製のデッキも設置して、洗濯物を干すスペースにしたり、子供たちが遊んだりするスペースに使っています。和室も欲しかったので、ダイニング、リビングと繋がるコンパクトな和の空間もつくってもらいました。

玄関も横幅を大きく取ってもらい、ドアの横にガラス面を、ホールの引き戸にはガラス戸を採用して、明るい空間に仕上げてあります。ベビーカーでも上がれるように玄関ポーチにはスロープも設けてあります。

2階には将来的に二つの部屋に分けられるように設計された子供部屋を配置してもらいました。その他に主寝室や広めのウォークインクローゼット、書斎があります。収納も大きくしてもらい、飾る収納よりも隠す収納のスタイルにしてあります。

断熱材はセルロースファイバーで、窓にはペアガラスを採用しているので、冬は寒くなく夏も暑くならずに過ごせています。冬に実家の家族が遊びに来たときに、暖房がついていなくても「暖房をつけているの?」と訊かれるくらいに、暖かく過ごせています。夏も冬もエアコンもそれほど使わずに生活できるので快適です。一度エアコンを使うと室温がそのまま長い時間保たれるのも驚きました。

大通りが近いので、実際に住むまでは、車の音などが気になるかと少し心配していましたが、周辺の音もほとんど気にならないで過ごせています。太陽の光が入りやすい間取りにしたので、明るい空間で生活できているのも良かった点です。

家づくりを検討している方へのアドバイス

収納は多めにあったほうがやはり便利です。1階にある程度、生活スペースを集中させるのも便利ですね。お子さんのためのお部屋は、机の位置や将来的にどのように活用するかなども、しっかりと計画しておくのがオススメです。コンセントの差し込み口の数や高さもポイントになります。あとは実際に自分たちが、どのようなライフスタイルを望んでいるのか明確にしておくと、家づくりが計画しやすいと思います。

6
断熱性能で決めました|N様邸

将来設計を考えて、「家を建てたい」とはずっと思っていました。アパートに5年住んで、長女が幼稚園に上がるタイミングで新築を決意しました。

新築したきっかけ

断熱性能を重視して探しました。「イエタテ」に『根上建築』さんのセルロースファイバーが載っていたのを見て、実際に体感して決めました。延床25坪とは思えないほどの開放感があってうれしいです。木の香りが気持ちいいし、湿気もこもらないので、毎日快適に暮らしています。

家の特徴

『根上建築』を家づくりのパートナーに選んだNさん。住宅街の狭小地に完成した真っ白なデザイン住宅。
LDKは天井まで届く大きな窓を採用し、たっぷりの光と風を招き入れ、25坪とは思えないほどの開放感を生む。奥さまの負担を軽くするよう、スムーズな水回り動線、大容量の収納を造作した。

湿気を自然調節する無垢の木と高性能なエコ断熱材セルロースファイバーの効果で、機械に頼らず年中快適な住空間を実現。コンパクトだけれど伸びやかで暖かい家は、出かけてもすぐ帰りたくなるほど恋しくて住み心地がいい。

7
決めては根上さんの誠実な人柄|K様邸

決め手は根上さんの誠実な人柄です。同世代で、ものごとの価値観も合いました。ごまかそうとしたり、嘘をつけない人なので、両親も 信頼していましたね。根上さんと直接話ができるので、行き違いがなく、時間のロスもありませんでした。引渡し後も家族のように付き合えるので、今後のメン テナンスも安心です。

新築したきっかけ

築40年になる実家をリフォームするつもりで根上さんに相談したら、耐震補強を含めて新築と同じぐらい費用がかかることが判明し、建て替えることにしました。

家の特徴

昔ながらの住宅が建ち並ぶ静かな街で、築40年の平屋を建て替えたKさん。片流れ屋根のモダンな外観から、「デザイン優先にしたの?」とよくご近 所に聞かれるけれど、室内はあくまで実用性重視。吹抜けのDKは、天井も床も無垢の木をふんだんに使ったナチュラルな空間で、小上がりの和室はソファ代わりにもなる。

両親の部屋と奥さまの寝室の上階は12畳の子ども部屋で、小学生の姉妹が仲良くシェア。緩やかな階段の中2階だから、仕事を持つ奥さまが子ど もたちを呼びに行く動線もラクラク。収納スペース付きの造作ベッドのほか、玄関、キッチン、和室、AVボード、奥さまの寝室にも『根上建築』が得意とする、しまいやすく出しやすい造作棚がピタッと収まっている。

「新築してから、お掃除するのが楽しみになりました」と微笑む奥さま。暮らしやすい間取りにスタイリッシュなデザインをトッピングしたK邸は、時間が経つのを忘れてしまうほど居心地がよかった。

8
断熱性能を重視して決めました|H様邸

棟梁が高校時代からの友人だったこともありますが、いちばんの決め手は断熱性、調湿性の高い自然素材のセルロースファイバーを標準 で使っていることです。納得するまで何度も図面を描いてくれて、想像以上に快適な住まいになりました。住み始めて5 年になりますが、まだ一度もメンテナンスの必要を感じません

新築したきっかけ

借家の一戸建てに住んでいましたが、夏は暑く、冬は寒い。しかも湿気がひどくてカビに悩まされていました。快適な暮らしがしたくて、新築を決意しました。

家の特徴

寒くて、カビの多い借家暮らしに悩まされていたHさん。新築するなら、飽きのこないデザインで、断熱性の高い家がいいと、セルロー スファイバーを標準使用する『根上建築』を選んだ。

色へのこだわりの強い奥さまの要望で、杉板張りの外壁は、無添加のオスモ塗料でオレンジ色に。玄関ドア を開けた瞬間、無垢の木のやさしい香りが降ってきて心が和む。高い吹抜けが気持ちいいLDKは、家族の繋がりを感じ合えるオープンな空間で、天井はすべて 奥三河の杉材。これだけ大きな吹抜けでも、1、2階の温度差を感じることなく年中快適なのは、無垢の木とセルロースファイバーの相乗効果によるもの。

「結露もなく、家中がさらっとして、よく眠れるようになりました」とご主人。
エアコンをつけなくても快適に過ごせる時間がほとんどで、自然の光と風を上手に採 り入れたパッシブな暮らしを楽しんでいる。若い棟梁が丹誠込めて手づくりした自然素材の家は、家族の歴史とともに味わいを増していく。