HEAT20について

皆さんは、“HEAT20”という言葉をご存知ですか?

“HEAT20”は、「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」の呼称です。英語の表記の“Investigation committee of Hyper Enhanced insulation and Advanced Technique for 2020 houses”の略称となります。


その委員会は、地球温暖化やエネルギー問題の対策として、住宅の専門家たちが集まり、さまざまな研究を行なっている団体です。2009年に発足して、メンバーには大学教授をはじめ、サッシや断熱材、ガラスなどの各種の協会や住宅企業などの方々が集まっています。

“エネルギー”と“環境の質”と“コスト”の観点から、建築や設備、創エネがバランス良く調和した住宅づくりを目指しています。分かりやすくお伝えすると、環境にも優しく、健康に生活でき、光熱費も安く、家そのものも劣化しにくい住宅を普及する活動をしています。


さまざまな研究を実施して、データを集めて、気密性や断熱性など住宅の評価基準も決めています。G1とG2の二つの住まいのグレードがありますが、どちらも非常にレベルの高い基準になっています。

ちなみに現在、建築中の根上社長のマイホームも、“HEAT20”のG2グレードのものです。より正確にご紹介すると、G2グレードをさらに超える住宅性能を持つ予定です。今後もこれまで通り、根上建築では、夏には涼しく、冬には暖かく過ごせる高気密・高断熱の家づくりを続けていきます。


ホームページには、これまで手がけたお住まいを施工事例として、豊富な写真と共にご紹介しています。宜しければ、こちらも併せてチェックしてみてくださいね。

【根上建築の施工事例】
https://negamikentiku.co.jp/archives/works

2018.09.04