長期優良住宅に認定された高性能な木の家:豊川市「新豊の家」前編

根上建築が実際に手掛けてきた注文住宅の施工事例をご紹介します。今回は、長期優良住宅にも認定された高性能な木の家、豊川市「新豊の家」です。

共通のお知り合いを通じて、根上建築を知ってくださったお施主様。自然素材やナチュラルテイストの雰囲気がお好みということで、家づくりのパートナーに選んでいただきました。誠にありがとうございます。

大きな特徴となるのが、奥様が整体師であり、2階にお客様を迎えるためのマッサージルームを配置した間取りです。ご家族とお客様がお互いに気を遣わずに移動ができるように、玄関からプライベート空間を通らずに階段へと進める動線になっているのもポイント。

駐車スペースも3台分を確保。ご家族とお客様が使いやすいように十分なスペースとなっています。住宅の敷地と駐車スペースを木製のフェンスや段差で区切ることで、プライバシーを保護して、安心感のある設計になっているのも特徴の一つです。

外観のデザインは、白色を基調としながら、側面は軽量で耐久性のあるガルバリウム鋼板、正面は自然素材の漆喰を採用して風合いのあるスタイルに。シンプルで可愛らしい茶色の切妻屋根で、2階のベランダの手すりは木製で、外壁の白色とのコントラストが映えるような仕上がりになっています。

今回はここまでですが、次回はさらにリビングに配置された旦那様のための書斎スペースやご家族とのコミュニケーションが取りやすい対面式キッチンなど、豊川市「新豊の家」の内観を詳しくご紹介していきます。

2020.11.10