豊橋市東小池町「文化サロン・汽水域」様のカフェの概要

根上建築がお手伝いをさせていただいたカフェを併設した小劇場「文化サロン・汽水域」様(豊橋市東小池町89-1)。これまで、貸しホールである小劇場やイベントレポートなどをお伝えしてきましたが、今回は併設のカフェについて、ご紹介いたします。

小劇場側の外壁には漆喰が使われていますが、併設のカフェの外壁には、スギ板を横に段々になるように張ってあります。こちらは下見板張りや鎧張りと呼ばれる工法で、板を平坦に張るよりも、雨水の浸透を防ぎやすい特徴があります。

エントランスの上部には、オレンジに輝く丸みを帯びた照明。小ぶりの丸窓の横には、「文化サロン・汽水域」様の思いをデザイン化したイラストレーションも掲げられています。

内観は、床にスギ、天井にはスギとマツ、壁は小劇場と同様に漆喰を採用しています。天井と壁はホワイトで、床はブラウン、キッチンまわりはブラック、カウンターはダークブラウンの配色。イメージとしては、明治や大正時代の洋館で、レトロでモダンな雰囲気のある空間に仕上げてあります。

窓枠はブラックで、十字の格子が入っているのもポイントです。テーブルや椅子などは、アンティーク系のものをオーナー様が取りそろえられ、さらにオシャレな空間を演出しています。

約15名の席数で、こだわりのコーヒーやパンケーキなどを提供しています。15台程度の駐車場もありますので、是非足を運んでみてください。営業時間やメニュー、イベントなどの詳細につきましては、下記のインスタグラムからご確認いただけたらと思います。

【関連記事】
「イベント報告:豊橋市東小池町『文化サロン・汽水域』様のオープンニングセレモニー・前編」
https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/4347.html
「イベント報告:豊橋市東小池町『文化サロン・汽水域』様のオープンニングセレモニー・後編」
https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/4361.html

【関連リンク】
「汽水域様のインスタグラム」
https://www.instagram.com/cafekisuiiki/

2020.09.03