在宅ワークのための家づくり:事務所一体型住宅

前回(https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/4212.html)では、在宅で快適にお仕事をするために書斎やワークスペースづくりについてお伝えしました。今回は本格的に事務所を兼ね備えた一体型の住宅についてご紹介いたします。

副業やフリーランスとして、自宅でも万全のお仕事の環境を整えたい方もいらっしゃるかもしれません。そこでオススメなのが事務所や店舗の一体型住宅です。

シンプルで分かりやすい事例ですと、1階を事務所、2階を住宅とする方法です。事務所が1階なので、お客様をスムーズにご案内することができます。また2階にご家族との生活スペースがあるので、2階リビングとなり、より明るくまわりの視線も気にならない、くつろぎの空間となります。

事務所や店舗の一体型住宅の場合の注意点は、お仕事用とご家族用の動線を明確に分けること。そのため、玄関は二箇所、トイレも二箇所に設置しましょう。また簡易的なキッチンも配置しておくと、お客様にお茶やコーヒーなどを出しやすくなります。

ワークスペースとともに、お打ち合わせのできる空間も必要です。ワークスペースの床は、硬めの素材に。ナラやカバなど、もしくはご予算に余裕がある場合には、クリやチーク、ウォールナットなども。

事務所の窓の外には、道路から中が見えないように木製フェンスや植栽も。緑があると四季折々の変化も楽しむことができ、ちょっとした癒やしになるのもポイントです。また駐車スペースも3台程度の空間を確保しておきます。

各所のコンセントの高さや数、カウンターやテーブル、棚の大きさなども、お客様のご要望に応じて、最適なものをプランニングさせていただきます。

根上建築では、無料の家づくりの相談会とともに、事務所や店舗の一体型住宅の相談会も実施しています。お気軽にお問い合わせください。

【ホームページからのお問い合わせ】
https://negamikentiku.co.jp/consultation.html

2020.06.09