在宅ワークのための家づくり:書斎やワークスペース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、在宅でお仕事をする方も多くなっているのではないのでしょうか。そこで今回は、自宅でもお仕事がしやすいための書斎やワークスペースづくりについてご紹介いたします。

書斎は小さくても良いので、間取りを考える時に決めておくのが良いでしょう。主寝室に繋がる書斎や物を置くスペースとしても活用できるお部屋を配置するのがオススメです。

また小屋裏やロフトをワークスペースとして利用することも可能です。

その他に、階段下やリビングの一角にカウンターを設けて、パソコンや書類作業ができる空間を確保しておくこともできます。

特にママさんたちにオススメなのは、キッチン部分にワークスペースを置くことです。お料理のレシピを確認したり、家計簿をつけたり、本を読んだり、ちょっとした休憩スペースとしても活用できます。

リビングやダイニングといった広い空間でお仕事をしたいという場合には、コンセントの位置や数なども注意点となります。コンセントが壁際のみですと、延長コードなどが必要になったり、足を引っ掛けてしまったりすることも。

そのため、使いやすさや安全面を考慮して、床の部分に開閉式のコンセントを設置することもできます。

根上建築では、一枚板のカウンターやテーブル、収納棚などオリジナル家具も手掛けていますので、実現したいワークスペースのご要望をお気軽にお伝えください。新築やリフォーム、増築などで、自宅でもお仕事のしやすい環境を整えてみてはいかがでしょうか。

2020.06.04