根上建築の施工事例:豊川市「八幡の家」前編

根上建築が実際に手掛けてきた注文住宅の施工事例をご紹介します。今回は、高断熱・高気密・高耐震でオール電化でもある高性能な自然素材の家、豊川市「八幡の家」のご紹介です。

ご夫婦とお子さんが2人といった合計4人のお施主様のご家族。キッチンからリビング、ダイニング、お庭などが見渡せる間取りで、家事動線にも配慮した子育て中のご夫婦に最適なお住まいに仕上がりました。

外観は直線を活かしたスタイリッシュな片流れ屋根に。軽量で耐久性もあるガルバリウム鋼板を採用して、お施主様のご要望にお応えしてダークブルーでおまとめしています。正面の1階部分は、ホワイト系の塗り壁材を使い、コントラストの映えるスタイルに。玄関脇にある石を積み上げたガビオンも注目のポイントです。

裏庭側には、スギのウッドデッキも。洗濯物を干したり、ご家族で日向ぼっこをしたりと使い勝手の良いスペースです。またコリアンダーやスペアミント、サラダバーネットなどを植えたキッチンガーデンもご用意。お庭に彩りを与えて、さらにちょっとしたお料理などにも使えるので、非常にオススメです。

今回はここまでですが、次回はキッチンを中心にダイニングとリビングを振り分けた1階の間取りのポイントや根上建築オリジナルのダイニングテーブルなど、豊川市「八幡の家」をさらに詳しくお届けします。

2020.05.07