さわやかなブルーとデザインが印象的な高性能住宅:豊橋市「老松の家」後編

これまで2回に渡ってご紹介してきた、さわやかなブルーの色合いとスタイリッシュなデザインが特徴の豊橋市「老松の家」のご紹介も今回で最後となります。本日は、こだわりの手洗い鉢のあるトイレや洗面脱衣室、2階のウォークインクローゼット、旦那様の書斎などを詳しくお伝えします。

ダイニングには、フィンランドの照明器具ブランドであるセクトデザインの木製ライトを、各所の電源のオンオフには、メカニカルな雰囲気のトグルスイッチを取り付けてある「老松の家」。お施主様のこだわりが、さまざまな場所に詰め込まれています。

トイレもお住まい全体のテイストに合わせて、床、後方の壁、天井と無垢材に。お施主様がお選びになった丸いタイルの可愛らしい手洗い鉢も設置してあるのも大きな魅力の一つです。

洗面脱衣室には、二つのイタリア製の洗面ボウルを。慌ただしい朝などには二人が同時に使えるので嬉しいですね。横に大きく広がる鏡や二つのペンダントライト、上部に取り付けられた明かり採りの窓もポイントです。

2階には大容量のウォークインクローゼット。ご家族が一緒に使える便利なスペースです。一箇所にまとめてあるので、洗濯物を片付けるのも簡単で、毎日の家事の負担を軽減できます。

子供部屋の隣は、ご夫婦の寝室です。寝室の奥には、旦那様専用の書斎スペースを設けています。パソコンやギター、ベース、書籍、コミックなど好きな物に囲まれた空間に。他のお部屋と同様に珪藻土や漆喰のブレンドされた塗り壁材を採用していますが、ホワイトではなく、グレーに仕上げているのも特徴の一つです。

無垢の木や自然素材などをふんだんに採用しながらデザイン性にも優れた高性能な注文住宅が完成しました。ホームページには根上建築が手掛けてきた注文住宅の施工事例や多くのお客様の声も掲載していますので、そちらも是非チェックしてみてくださいね。

【根上建築の施工事例】
https://negamikentiku.co.jp/archives/works

【根上建築のお客様の声】
https://negamikentiku.co.jp/archives/voice

2020.01.23