天然無垢材と無垢集成材について

今回は天然無垢材と無垢集成材について、ご紹介したいと思います。

天然無垢材とは、山や森で育った原木をそのまま、用途に合わせた大きさに切り分けたもの。天然の木材の風合いや経年変化を味わえて、調湿作用に優れている点がメリットです。外壁にも使用できる他に、一枚板でカウンターやテーブルなどにも利用できます。

無垢集成材とは、原木をブロック状に切り分けて、接着剤などによって貼り合わせもの。大量生産が可能で、均一の品質であるといった点がメリットです。加工がしやすく棚や階段などにもよく使われます。

一般的に天然無垢材よりも無垢集成材の方が割安となりますが、そこまで大きな価格差はありません。どちらも木材の硬さなどによって、価格が変化していきます。スギやマツといったものがリーズナブルで、硬い木質のタモやナラなどが高級材となります。

皆さんが住みたいと思うマイホームのイメージやコスト、木材の使用箇所などに応じて、天然無垢材や無垢集成材を利用してみてはいかがでしょうか。

根上建築では、地元のヒノキやスギなどを採用した高性能な木の家をこれまで多く手掛けてきています。ショールームをはじめ、根上建築の代表である根上卓也のマイホームも木の風合いを感じられます。

家づくりやリフォームなどの無料相談会や各種イベントを開催しているので、そのような機会に是非、木の温もりや香り、性能や居心地などを体感してみてくださいね。また気になる点やご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

【ホームページからのお問い合わせ】
https://negamikentiku.co.jp/contact.html

2019.09.26