インナーガレージのある事務所兼住宅:豊橋市「三ノ輪の家」中編

前回(https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/3586.html)に引き続き、根上建築が実際に手掛けた注文住宅の施工事例として、インナーガレージのある事務所兼住宅の豊橋市「三ノ輪の家」のご紹介です。前回はお施主様との出会いや外観などをお伝えしましたが、今回は内観を詳しくお届けいたします。

ご家族のための玄関の前には、木製の駐輪スペースも。こちらも大工さんが手づくりで仕上げたもの。ベランダやお庭の木製フェンス、玄関脇の板張りと同様に白色を基調とした外観に木目が鮮やかに調和しています。

玄関を入ると右手には、広々としたシューズクローク。ご主人が使用される剣道の防具やお子様のベビーカー、外で使われる物などを置いておける便利なスペースです。正面の階段を上がっていくと、2階はご家族との居住空間、廊下をそのまま進んだ1階はご主人様のお仕事用の事務所となっています。

1階の床には硬めの木材のナラを、天井には新城産のヒノキを採用し、無垢材がふんだんに使われた空間に。一定の間隔で梁が並べられ、木の雰囲気を存分に味わえる事務所です。事務所の壁の側面には、インナーガレージを眺めることのできる小窓も。

仕事の合間に愛車を眺められるといった、お施主様の長年の夢が叶ったこだわりの空間が実現しました。その他にも、ワークスペースや棚の高さ、コンセントの差し込み口の位置など、各種の詳細を確認させていただきながら設置。

休憩スペースとしては、和室もご用意。客間としても、また将来的にお子さんのお部屋としても活用できる空間です。今回はここまでですが、次回はさらに2階の住居スペースを、2階リビングのメリットと併せて詳しくご紹介します。

2019.09.17