インナーガレージのある事務所兼住宅:豊橋市「三ノ輪の家」前編

根上建築が実際に手掛けてきた注文住宅の施工事例をご紹介します。今回はお施主様の長年の夢を叶えたインナーガレージのある事務所兼住宅の「三ノ輪の家」です。

根上建築の代表・根上卓也とグラフィックデザイナーをされているお施主様との出会いは共通の趣味である剣道。社会人になってから知り合われたそうですが、年齢も同じで直ぐに仲良くなられたとのこと。

お施主様は、これまで仕事用のアパートとご家族と一緒に生活をする住宅用のマンションを利用されていましたが、良い土地が見つかれば事務所兼用の自宅が欲しかったそうです。土地探しは一年ほどで、ご夫婦のそれぞれの実家からも近く、周辺環境も整った場所が見つかりました。

家づくりについては、木の使い方が大胆である点、仕事に対する真面目な姿勢などから、自然と根上建築へと決めてくださったとのことです。誠にありがとうございます。

外観は耐久性能の高い白色のガルバリウム鋼板を採用。ベランダや軒下、1階の玄関脇、お庭の木製フェンスなど、地元産のスギ材を使って、木目の映える仕上がりになっているのも大きな特徴になっています。

木目の幅も、広いものと細いものを織り交ぜて、リズミカルに並べてあり、デザイン性を高めています。玄関は正面に事務所用のものと、側面にご家族が使われる住宅用のものと、二箇所に設置してあります。

インナーガレージの他にも、駐車スペースを確保しているので、お仕事をはじめ、ご家族やご友人も使いやすいですね。今回はここまでですが、次回はさらに豊橋市「三ノ輪の家」の内観を詳しくご紹介していきます。

2019.09.12