オレンジ色が鮮やかな自然素材の住宅:豊橋市「東岩田の家」後編

これまで2回に渡ってご紹介してきた無垢のスギ板やヒノキ材など自然素材をふんだんに採用し、オレンジ色が鮮やかな外観の豊橋市「東岩田の家」も今回で最後となります。

今回は、キッチンに取り付けられた大容量の収納棚や自由な間取りの2階などを詳しくお伝えします。

キッチンに設置された収納棚は、容量もたっぷりの見せる収納。小物をディスプレイし、生活空間に彩りを添えることもできます。また、日常生活の動線が効率的で、回遊性の高いセンター階段には、ヒノキ材を使った目隠しの格子も。

階段の登り降りの目隠しにもなりますし、玄関からキッチンへの視線を遮る役割も担っています。デザイン的にも空間を素敵に演出しているのがポイントです。

2階には3畳の納戸を設けて、収納スペースを十分に確保。階段を中心にして、洋室を7.5畳と12畳とに分けて、緩やかに繋がりのある空間に仕上げました。ライフスタイルの変化に併せて、自由に活用できるのが大きな特徴の一つです。

2階の吹き抜け部分の窓は縦長のものを採用。通常のものよりも太陽の光が入りやすく、明るく冬には暖かい室内に。自然環境を上手く活用したパッシブ的な要素も取り入れています。

自然素材をふんだんに採用し、夏には涼しく冬には暖かく過ごせる断熱性能にも優れた機能的な住まいが完成しました。ホームページには他にも根上建築が手掛けてきた注文住宅が掲載されていますので、そちらも是非チェックしてみてくださいね。

【根上建築の施工事例】
https://negamikentiku.co.jp/archives/works

2019.08.22