オレンジ色が鮮やかな自然素材の住宅:豊橋市「東岩田の家」前編

根上建築が実際に手掛けてきた注文住宅の施工事例をご紹介します。今回は無垢のスギ板やヒノキ材など自然素材をふんだんに採用した豊橋市「東岩田の家」です。

もともと根上建築の代表取締役である根上卓也と高校の同級生であったという間柄のお施主様。他の建築会社も検討されていましたが、最終的に根上建築を家づくりのパートナーとして選んでくださいました。

以前までは寒くて湿気の多い借家に住まれていたこともあり、新築住宅を建てるなら断熱性能が高く暖かい家で、デザインは飽きの来ないものをご希望されました。

根上建築のこだわりの一つでもある無垢の木材をふんだんに採用した住まいをご提案。外壁には奥三河産のスギ板張りで仕上げてあります。木材の特徴として、熱伝導率の低さがあり、断熱効果を高めているのもポイントです。

外壁のスギ板張りは、代表取締役の根上が一人で、一枚一枚丁寧に張り付けていったというエピソードも。外壁の色は、奥様のご希望を反映して、自然の植物油と植物ワックスをベースにした自然塗料のオスモカラーで、明るいオレンジ色でおまとめしました。

屋根にはサビにも強く、耐久性のあるガルバリウム鋼板に。軽量で住宅への負担が少ないのも特徴になっています。今回はここまでですが、次回はさらに吹き抜けのある広々としたリビングなど豊橋市「東岩田の家」の内観を詳しくご紹介します。

【基本情報】
敷地面積:264.59平方メートル(80.18坪)
延床面積:105.99平方メートル(32.00坪)

【関連記事】
「自然塗料について」
https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/2214.html

2019.08.15