天然木質繊維の断熱材・セルロースファイバーとは?

根上建築では、無垢の木材や漆喰など自然素材をふんだんに採用しながら、家づくりを行なっています。今回は自然素材を主原料とした断熱材として、天然木質繊維・セルロースファイバーについて詳しくご紹介いたします。

天然木質繊維であるセルロースファイバーの特徴は、一本一本の繊維の中に小さな空気の粒があること。さらに、この繊維が複雑に絡み合って空気の層をつくっていることです。空気の粒と空気の層に二つの効果によって、夏の暑さや冬の寒さを遮る優れた断熱性を発揮します。

同様に、その構造から優れた遮音性も。家の外からの騒音を抑えて、中から外部に漏れる音を和らげる防音の効果もあります。子育て中の方や音楽、映画の好きな方も安心の空間が実現可能です。

また天然木質繊維の特有の吸放湿性によって、適度な室温にも保ってくれます。湿度が高い時には湿気を吸い取り、乾燥している時には湿気を徐々に放出するので、結露の防止にもなります。

このように断熱性や遮音性、結露防止などの点で非常に優れた効果のあるセルロースファイバーは、根上建築のショールームにも採用されています。さまざまなメリットのあるセルロースファイバーをお打ち合わせなどでも体感できます。

どの断熱材にすれば良いのか悩んでいる方は、天然木質繊維のセルロースファイバーを候補の一つとして選んでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
「ショールームの解説」
https://negamikentiku.co.jp/archives/works/2109.html
「ショールームの貸出について」
https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/3152.html

2019.07.25