モダンなデザインの二世帯住宅:豊川市「瀬木の家」後編

これまで2回に渡ってご紹介してきたモダンなデザインの二世帯住宅、豊川市「瀬木の家」も今回で最後となります。今回はリビング・ダイニングと繋がりのある和ブースやキッチンなどを詳しくご紹介いたします。

もともと住み慣れた平屋住宅の間取りをベースに、お仕事をされている奥様の動線を短縮するために中2階の家をご提案した「瀬木の家」。外観はモダンなデザインに、内観はナチュラル空間に仕上げながらも、断熱性や気密性にも優れたお住まいとなっています。

落ち着きのあるくつろぎの空間として、小上がりの和室も。リビング・ダイニングと繋がりがあり、より広さを感じられるのもポイントです。下部には奥行き1800ミリの収納庫を3つ備えて、たっぷりと収納も可能。

二世帯住宅なので、ウォークインクローゼットや収納庫などを上手に配置して、生活空間が物で溢れないように設計しているのも大きな特徴の一つです。

キッチンはなるべく明るい空間にしたいとのご要望にお応えして、太陽光照明システム・スカイライトチューブを天井に設置。通常よりも太陽の光が降り注ぐキッチンに仕上がりました。キッチンカウンターが取り付けられ、ご家族とのコミュニケーションもしやすい環境も整っています。

デザインはもちろんのこと、動線や収納、採光、断熱性、気密性など実用的で高機能な二世帯住宅が完成しました。ホームページには他にも根上建築が手掛けてきた注文住宅が掲載されていますので、そちらも是非チェックしてみてくださいね。

【根上建築の施工事例】
https://negamikentiku.co.jp/archives/works

2019.07.23