モダンなデザインの二世帯住宅:豊川市「瀬木の家」前編

根上建築が実際に手掛けてきた注文住宅の施工事例をご紹介します。今回は片流れ屋根のモダンなデザインが特徴の二世帯住宅、豊川市「瀬木の家」です。

もともと1階平屋建てのご実家のリフォームを検討されていたお施主様。根上建築のことは、インターネットで“豊川市”“設計事務所”といった言葉で検索して、見つけてくださったそうです。

また自然素材の断熱材・セルロースファイバーの記事にもご興味を持っていただき、根上建築へとご連絡をくださいました。当初は老朽化してきた築約40年のご実家を、耐震補強なども含めてリフォームする計画でした。

お問い合わせをいただいた後に、詳しく住宅の現状を確認したところ、住まいの性能の向上を考慮すると、リフォームでも新築と同等のコストが必要になることに。そこでリフォームから新築へと家づくりの方向性が決定しました。

外観は片流れ屋根のモダンなデザインに。屋根と同様に外壁には、軽量でサビにも強いガルバリウム鋼板を採用。建物の正面部分には、以前の住宅にあった石組みを再利用しているのもポイントです。

ご近所の方々とのコミュニケーション・スペースにもなるウッドデッキも取り付けてあります。今回はここまでですが、次回はさらにデザイン性にも機能性にも優れた豊川市「瀬木の家」の内観などを詳しくお伝えします。

【基本情報】
敷地面積:221.47平方メートル(66.86坪)
1階床面積:91.10平方メートル(27.50坪)
2階床面積:39.75平方メートル(12.00坪)
延床面積:130.85平方メートル(39.50坪)
施工面積:149.76平方メートル(45.21坪)

2019.07.16