雨の多い時期も安心の家づくりのために

もう間もなく雨の多い梅雨の時期になりますが、湿気や部屋干しの心配も多くなると思います。今回はそのような雨の多い時期にも安心の家づくりについてご紹介します。

根上建築のこだわりは、無垢の木材を採用した木の温もりの溢れる家づくりです。無垢の木材には、自然素材ならではの調湿作用があり、住まいの余分な湿気を吸収してくれる効果もあります。

また漆喰や珪藻土といった自然素材の塗り壁を採用することで、さらに調湿作用の効果を上げることも。雨の多い梅雨の時期でも、安心して部屋干しすることができます。

部屋干しの際には、室内ワイヤー物干しを設置しておくのがオススメ。洗濯機の置いてある洗面脱衣所やベランダに近いお部屋に取り付けておくと便利です。間取りや家事動線、風の通りなどを考慮しながら設置してみてはいかがでしょうか。

住宅の外まわりでは、雨の日も考慮して玄関アプローチのタイルには滑りにくいものを配置しておきましょう。また太陽の光が当たりにくい北側の塗り壁には重点的に撥水剤を塗っておくことも大切です。水分が乾きにくく苔が生じてしまう恐れもあるので、しっかりと対策をしておきましょう。

無垢の木や漆喰、珪藻土などの自然素材を活かした家づくりでは、雨の日の湿気の心配も少なく快適な暮らしを実現できます。木の温もりの溢れる住宅で、雨の多い時期も安心してご家族と一緒に過ごしてみてくださいね。

【関連リンク】
森田アルミ工業:室内物干しワイヤー「pid 4M」
https://www.moritaalumi.co.jp/product/detail.php?id=11

2019.05.21