根上建築の施工事例:「老松の家」のポイント③

前回(https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/3275.html)に引き続き、根上建築が実際に手掛けた注文住宅の施工事例として、デザイン性とともに断熱性能に優れた「老松の家」のポイントをご紹介します。

リビングにはお施主様がお選びになった緩やかな曲線の美しい木製のライト。こちらはフィンランドの照明器具ブランドであるセクトデザインのものです。床や天井に無垢の杉材を使った空間に調和した照明が取り付けられました。

壁掛けテレビの下部には、造り付けの収納棚も。無駄な奥行きをなくすために、使用機器の寸法を前もって計測して、きっちりと収まるように設計してあります。

トイレにもこだわりの詰まったお施主様のお住まい。丸いタイルがちりばめられた可愛らしい手洗い鉢とアンティーク調の蛇口が取り付けられています。床、奥の壁、天井と無垢の木が利用されているのも大きな特徴の一つです。

縦のラインに合わせて、縦型の上げ下げ窓を採用しています。フタ付きの換気扇も見逃せないポイントです。冬などでは特に外気が入って寒くなってしまうトイレ。気密性にも配慮することで、快適な環境を整えることが可能です。

無垢の木をふんだんに使い、デザイン性とともに優れた住まいの性能を持つ注文住宅が完成しました。ホームページにはその他にも多くの施工事例が豊富な写真とともに掲載されています。そちらも合わせて是非チェックしてみてくださいね。

【根上建築の施工事例】
https://negamikentiku.co.jp/archives/works

2019.03.28