ハウスメーカーのメリットとデメリット

ハウスメーカーとは、大手の住宅販売会社のことを指します。今回はハウスメーカーの特徴をメリットとデメリットに分けて紹介いたします。

メリットとしては、住宅のフォーマットが決まっているので、短期設計や短期工事が可能であること。価格体系が明確に定まっていること。大手ということで、知名度や安心感があり、ブランド的価値を持っていること。大きな住宅展示場などで、見学ができることなどがあります。

デメリットとしては、宣伝広告やタレント、キャラクターなどに費用が掛かっているため割高になりやすいこと。営業担当者が短期間で入れ替わってしまう場合もあること。設計の自由度が少ないこと。オリジナルの規格で設計されているため、アフターメンテナンスの際に、業者を選ぶことができずに工事費が高くなってしまうこと。

特に注意していただきたい点は、営業担当者が営業のプロであるかもしれませんが、建築のプロではない場合もあることです。一生に一度の大きな買い物とも呼ばれるマイホームの購入です。建築のプロに、家づくりをお願いした方が安心できるのではないでしょうか。

根上建築では、1974年の創業からの工務店の技術力と建築設計事務所の設計力を持ち合わせています。ホームページには、これまで実際に手掛けた注文住宅やお施主様の声などを掲載しています。そちらも是非チェックして、家づくりの参考にしてみてくださいね。

【施工事例】
https://negamikentiku.co.jp/archives/works

【お客様の声】
https://negamikentiku.co.jp/archives/voice

2019.02.26