リフォーム:マンションや古民家

前回(https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/3012.html)では、住まいの内壁のリフォームについてご紹介しました。今回は水まわりの設備や間取りの変更、さらにはマンションや古民家のリフォームについてご説明します。

キッチンやお風呂、トイレの設備が古くなり、普段の生活の中で不便な思いをしている方もいらっしゃるかもしれません。そのような時には、設備を新しくしてみてはいかがでしょうか。

キッチンでは昔ながらの壁際に取り付けられたものを対面式に取り替えることも可能です。引き出し型の収納付きなので、使い勝手が良くなる点もポイントです。また冬の寒さを感じるお風呂やトイレなども新しいものに変更するとともに、断熱性能を向上させることもできます。

水まわりの設備を取り替えた際にオススメするのが、メーカーの保証延長です。一般的にメーカーの保証は1年なので、延長しておくことで万が一のために備えられ、安心して使えます。

お子さんたちの成長や独立など、ライフスタイルの変化と合わせて間取りの配置変更や和室を洋室へとリフォームすることも可能です。現状の窓の内側に、さらに窓を取り付ける内窓もオススメです。冬の寒さや夏の暑さの影響を抑えて、防音や遮音の対策にもなります。

根上建築では一戸建て住宅だけではなく、マンションのリフォームも手掛けています。構造上の都合で大きな間取りの変更が難しい場合もありますが、皆さんの現在の生活やこだわりに合わせたご提案をいたします。

その他に、古民家の改修の実績もありますので、ご実家のリフォームに合わせて二世帯住宅のプランニングなども検討してみてはいかがでしょうか。

2018.11.13