消費税の増税と住宅の購入

来年2019年(平成31年)10月1日から消費税が10%へと引き上げられる予定です。住宅の購入の場合には、大きな金額が動くため、資金計画にも影響が出てきます。今回は、消費税の増税と住宅の購入に関して、詳しくご紹介します。

ポイントとなるのが、“請負契約”と“お引き渡し”の時期です。

2019年3月31日までに、工務店などの建築会社と工事の請負契約を結んでおくと、お引き渡しが10月1日以降になっても、消費税は8%となります。これは消費税のための経過措置と呼ばれます。

4月1日以降に請負契約を結び、10月1日以降にお引き渡しとなると、消費税は10%となります。この場合でも9月30日までにお引き渡しが可能であれば、消費税は8%となります。ただし工期が約半年と限定されているため、不測の事態で工事が延長した際には消費税10%となる可能性もあります。

確実に消費税8%で、住宅の購入をされたいという方は、2019年3月31日までに工事の請負契約を結んで置くことが必要です。

2%の増税ですが、1000万円であれば20万円、2000万円であれば40万円の違いとなり、インテリアや家電の費用、引っ越し代などに活用できる金額となります。消費税の増税分をマイホームのこだわりなどに使ってみてはいかがでしょうか。

根上建築では、無料の資金セミナーを実施していますので、住宅購入のためのお金について長期的なシミュレーションも可能です。木をふんだんに採用したショールームで開催していますので、雰囲気や機能についても体感してみてくださいね。

【無料相談は、こちらから】
https://negamikentiku.co.jp/consultation.html

2018.11.01