根上建築の施工事例:「高松の家」後編

根上建築の施工事例として、2回に渡ってご紹介してきた田原市「高松の家」も本日で最終回となります。

1階のトイレと収納の先には母屋との行き来がしやすいように勝手口を設置。扉を開けると正面には、母屋の玄関が数メートル先にあります。まさにスープの冷めない距離となっています。

2階には、大きな窓の取り付けられたお部屋も。夏の花火大会の特等席にもなるようにカウンター付きの窓になっています。またこのお部屋は将来的に間仕切りができるように、ドアが2つ取り付けられています。現在はファミリースペースとして、数年後にはお子さんのお部屋として大活躍しそうですね。

もう一つのお部屋にはウォークインクローゼットも。さらには旦那様のご要望で設置したロフトもあります。パソコンをしたり漫画を読んだりとくつろぎのスペースに使うそうです。

2階の窓は気密性や断熱性をさらに高めたアルゴンガスの入ったトリプルガラス。夏の日差しや外からの熱の影響を抑えることができます。

無垢材など木の温もりをいっぱい感じられる「高松の家」は、オール電化を採用。夜間電力を使用してお湯をつくるエコキュートも設置してあります。そのほかにも、各所に小型の換気扇があり、空気の循環にも配慮しています。利用時のみカバーが開くので、気密性も安心です。

自然素材をふんだんに採用しながら、外の音が気にならずに、冬には暖かく夏には涼しい高機能なお住まいが完成しました。

ホームページには、他にも施工事例をご紹介しています。そちらも是非チェックしてみてくださいね。

【根上建築の施工事例】
http://negamikentiku.co.jp/archives/works

2018.07.03