TRETTIO:自由度の高さと心地良さを求めて

前回(https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/2551.html)に引き続き、TRETTIOのそれぞれの部屋やスペースをご紹介していきます。

フリースペース
2階にはお子さんのためのお部屋を想定したフリースペースをご用意。その特徴はオープンで自在に使える素の空間であること。ドアや間仕切りもなく、階段を上がったホールは格子状となったグレーチング床に。お子さんたちの気配をはじめ、光や空気の流れを1階に伝えます。

ファミリークローゼット
部屋とは別に収納力たっぷりのファミリークローゼットも設けてあります。お子さんたちが自分で片付ける習慣を自然に身に付けられるように工夫してあるのもポイントです。

このように、オープンでフリーな空間構成にしておくことで、お子さんたちの成長に合わせて、間仕切りをしたり、ドアを取り付けたりも可能です。またお子さんが独立されてからの空間の活用も自由度が高くなっています。ご家族のライフステージに最適な住まい環境が整えられます。

パウダールーム~バスルーム、トイレ
リビングやダイニングばかりではなく、洗面室やバスルーム、トイレにいたるまで、インテリアの心地よさ、美しさにこだわりたい、という想いでデザインしてあります。機能的な快適性が優先される水まわりの空間であっても、心地よく使えるのは嬉しいですね。

次回はTRETTIOの新スタイルの家づくりや選択プランなどについて詳しくお伝えいたします。

2018.04.19