家づくりのポイント:長期的な視点とコスト

前回(https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/2527.html)では、資金計画に関するポイントとして、土地代や建設費だけではなく、各種の諸経費やその後の光熱費、また教育費や老後の資金などの考慮も必要とお伝えいたしました。

気密性や断熱性といった住まいの性能も、各種のコストに関連してくることもご紹介しましたが、今回はその続きとして、メンテナンスの費用や医療費に関して、お話をいたします。

高性能の住宅では、外気の影響を受けにくいため、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。また冷暖房の効率も良いので、光熱費も抑えられるのもポイントです。グレードの高い素材や工法を採用しているので、同時にメンテナンス費用も最小限となります。

これから何十年と長く住む家ですから、光熱費やメンテナンス費といったランニングコストもしっかりとチェックしておきましょう。

高性能の住宅で生活することのメリットには医療費の削減もあります。快適な空間で過ごしていれば、病気にもなりにくく健康で暮らせるので、病院代や薬代などの負担も軽減できます。光熱費やメンテナンス費、医療費などを抑えて、大切な老後の資金を守れるので安心です。

高性能な住宅な場合には、初期費用が平均より多く必要となりますが、長期的な視点を持って、トータルコストを考慮すると非常にオススメです。

次回はさらに住宅の資産価値や30年後を見据えた家づくりに関して、ご紹介いたします。

2018.04.05