複層ガラスと樹脂製サッシ:薄着で快適な暮らしを

この時期は特にツライ乾燥肌。合成繊維の衣類を着るだけでも痒みといった症状が出てしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。症状が出ないよう、天然繊維の衣類を着ることも対策のひとつですが、家ではなるべく薄着で過ごすことも対策のひとつに。
冬も薄着で過ごすためには、断熱性や気密性に優れた建築素材や工法を採用するのが非常に有効です。

例えば、窓ガラス。通常よりも断熱性の優れた複層ガラス(ペアガラス)があります。Low-E金属膜でコーティングされた2枚のガラスを利用し、太陽の熱線や紫外線を大幅にカットするだけでなく、室内の暖房の熱を保ってくれます。

他にも、2枚のガラスの間に、空気よりも熱の伝導率が低い“アルゴンガス”を注入したものもあります。デザインや防犯性能を高めたさまざまな種類もあるので、場所や用途に合わせたものをご提案させていただきます。

窓ガラスと同様に、断熱性や気密性に深い関わりのある窓枠のサッシ。一般的なアルミ製のサッシよりも、熱伝導率の低い樹脂製のサッシがオススメです。アルミに比べて、樹脂は熱伝導率が約1000分の1と言われています。

このように窓ガラスや窓枠に注目することで、さらに快適な住まいが実現できます。もっと詳しく知りたい方、ご質問のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは、こちから。
http://negamikentiku.co.jp/contact.html

2017.12.21