根上建築の三つの基本コンセプト・後編

前回(https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/210601)では、根上建築の三つの基本コンセプトの中の二つ、“1974年に創業の工務店の技術力”と“設計事務所の空間デザイン・設計力”について、ご紹介いたしました。今回は“外構エクステリアも含めた総合力”について詳しくお伝えします。

根上建築では、お庭や植栽、キッチンガーデン、ウッドデッキ、石積みのガビオン、木製の塀、玄関までのアプローチやスロープなど、家づくりや店舗づくりに合わせて、外構エクステリアなどもトータルでプランニングしています。

住宅や店舗の外観は、その周囲の環境によって大きく雰囲気や印象が変化します。また、住宅や店舗の中から外を見た時の景観も、重要なポイントとして捉えられます。

日本には古くから“借景”という考え方もあります。家の外にある自然環境を家の中と結び付けて、取り入れようとするものです。住宅や店舗の中から、心が和んだり、落ち着いたりする景色が眺められたら嬉しいですよね。

根上建築がお手伝いをさせていただいた東小池町のカフェを併設した貸しホール「汽水域」様でも、そのような観点を踏まえて設計してあります。ソヨゴやヤマボウシ、アオダモ、コナラ、シャリンバイ、ヤマモミジなどの植栽が四季折々の彩りを添えてくれています。

「汽水域」様では、無料のオープンガーデンを定期的に実施していますので、ご興味のある方はご参加いただけたらと思います。また今後、根上建築のショールームの外まわりも大きくリニューアルする予定です。

併せて、各種の無料相談も受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

【無料相談については、こちらから】
https://negamikentiku.co.jp/consultation.html

2021.06.03