リフォームの施工事例:豊橋市「東幸の家」前編

根上建築が実際に手掛けたリフォームの施工事例をご紹介します。本日は、バリアフリーを重視しながら、住まいの性能を大幅に向上させた豊橋市「東幸の家」です。

根上建築の先代からのお付き合いがあり、平屋建ての離れをお持ちのお施主様。湿気が籠もってしまって、お困りであったこと。将来的に、より安心して生活できるようにバリアフリーの生活空間にしたいとのご希望があったこと。

以上の二点が大きな要素となり、耐震補強など各種性能の向上も併せて、今回の大規模なリフォームの流れとなりました。

もともとの間取りは、キッチン、ダイニング、リビング、書斎、和室、主寝室といったスタイル。それぞれの空間が区分けされた昔ながらの平屋住宅でしたが、間仕切り壁や廊下などを可能な限り少なくして、各種の動線を短縮した間取りにプランニング。

壁付きのキッチンをカウンター付きのオープン型に変更して、ダイニング、リビングと一体感のある空間に。基本的には、こちらの広々としたスペースをメインに、生活ができるようになっています。

床には長野県の安曇野のマツ、天井にはスギといったように天然の木材を採用。内壁には自然素材の漆喰を使い、ナチュラルテイストで仕上げてあります。木材や漆喰の調湿作用によって、室内が適度な湿度に保たれるのもポイントです。

今回はここまでですが、次回は防湿コンクリートや第一種換気設備など、湿気対策をはじめとする住宅の性能面などを中心として、さらに豊橋市「東幸の家」のリフォームを詳しくお伝えしていきます。

2021.05.11