豊橋市錦町・耐火性にも優れた自然素材の家

豊橋市錦町に無垢材のヒノキやマツ、スギ、自然素材の漆喰を採用し、耐火性にも優れた高性能住宅が完成しました。

お施主様は20代のご夫婦。ご家族が所有されていた土地を利用してマイホームを建てられました。一般的には狭小住宅とも呼ばれるコンパクトなお住まいですが、各種の性能基準を満たした“長期優良住宅”でもあります。

外観はダークグレーを基調とした片流れ屋根に。内観はマツやスギなどの無垢材をふんだんに採用した木の温もりの溢れる空間です。吹き抜けもあり、太陽の光が2階から1階に入るように設計。開放感を味わえるとともに採光にも配慮してあります。

また準防火地域ということで、耐火性に優れた窓やサッシなどを採用しているのもポイントです。限られた空間を最大限に活かしながら、随所に工夫を取り入れて、一年を通して快適に過ごせる高性能な自然素材の家が完成しました。

狭小住宅や狭小地の活用法、防火地域や準防火地域での家づくり、長期優良住宅や高性能住宅、自然素材の家などに、ご興味やご関心のある方は、各種のメッセージアプリやメール、お電話、お問い合わせフォームなどで、お気軽にご連絡くださいませ。

根上建築では、日頃より手の消毒やマスク着用等を徹底しています。ご安心いただけたらと思います。

【ホームページからのお問い合わせ】
https://negamikentiku.co.jp/consultation.html

【関連記事】
「長期優良住宅について」
https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/3007.html
「防火地域と準防火地域について」
https://negamikentiku.co.jp/archives/newblog/3972.html

2020.04.14