根上社長のマイホームづくり:「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」

シリーズでお伝えしている根上社長のマイホームづくり。今回は、現在建設中のマイホームに関連した「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」について、お伝えいたします。

「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」は、国土交通省が実施する公募事業です。この事業で採択されると補助金も認められます。家庭部門や業務部門で、CO2の排出量が増加傾向にあるため、住宅や建築物において、より効率的な省エネルギーや省CO2対策を強く推進することが期待されています。

このような対策が施された住宅や建築物の普及を促すために考えられたのが「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」です。“サステナブル(Sustainable)”とは、“持続可能な”という意味の言葉です。持続的、継続的に、CO2排出やエネルギー問題につて対策をする意図が込められています。

実は建築中の根上社長のマイホームも、この公募事業に認められた健康で快適に暮らせる省CO2住宅となっています。しかも現在のところ、愛知県でも唯一です。完成予定は、年末頃ですが、今からどのようなお住いが建てられるのか楽しみですね。

 

2018.06.28