健康と住宅:スーパーウォール工法と計画換気システム

根上建築のこだわりのひとつ、気密性や断熱性に優れた家づくり。冬には暖かく、夏には涼しく快適に過ごせる住宅です。そのような住宅を実現するための工法として、高気密・高断熱・高耐震のスーパーウォール工法があります。

スーパーウォール工法では、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムも採用されています。今回は、計画換気システムについてご紹介します。

計画換気システムは常時、住まいの汚れた空気を排出し、フィルターを通してきれいな空気を取り入れるシステムです。計画的に空気が循環することで、空気のよどみをなくし、カビやダニの発生も抑えられます。

高い気密性を持ったスーパーウォール工法の住宅では隙間が少ないので、外気とともに出入りするホコリや花粉も大幅にカットします。花粉などが気になる季節には特に快適に過ごせます。

実は計画換気システムを導入することで、空気と共に住まいの湿度も一定に保てるため、部屋干しにも効果があります。花粉が舞い散る屋外で、あまり洗濯物を干したくないといった時や雨の日などにも有効です。

計画換気システムで快適な空気環境をしっかりと整えて、ご家族と一緒に健康に過ごしたいものですね。

2018.03.15