スーパーウォール工法:温度変化と健康の関係

昔はトイレやお風呂が住居とは別の離れにありました。そのため、冬場には暖かい住居から寒風の吹く外に出ないと、トイレやお風呂に行くことができませんでしたね。

離れのお風呂で湯船に浸かり、身体が暖かい状態になっても、再び寒い外を通って住居に戻る……。この時の急激な温度変化は、身体に大きな負担を与えて、脳卒中などの原因になることも。

現在では、トイレやお風呂は同じ家の中にあることが一般的となりましたが、気密性や断熱性により、住居内の各所で温度差が生じていることもあります。

根上建築が推奨しているスーパーウォール工法の家では、優れた気密性と断熱性によって、住まい全体をひとつの部屋として考え、ほとんど温度差のない空間を実現します。温度差が少ないことで身体への負担も軽減するため、ヒートショックの防止にもつながり、ご家族も安心です。



住環境が人々の体に与える影響はとても大きいのです。暖かい住まいでは、活動量も多くなり、元気に過ごせます。仕事に行ったり趣味を楽しんだりできるのは、健康であるからこそです。

家中の温度差が抑えられたスーパーウォール工法の住宅で、健康に快適に過ごしてみませんか。


2017.11.09