瀬木町の家にもセルロースファイバー

瀬木町の家 断熱材

小屋裏物置もにセルロースファイバーを充填

2014-401-7

小屋裏の物置。まだベニヤを張る前なので断熱材のセルロースファイバーが見えます。セルロースファイバーは触れるとよくわかりますが、ほんとうにみっちり充填されています。通常ハウスメーカーや建売でよくつかわれるグラスウールでは、こんなにパンパンに詰め込まれることはありません。

セルロースファイバーが顔を出す

2014-401-8

セルロースファイバーは、細かな繊維を吹き入れるタイプの断熱材なので、細かい隙間にもこの通り。この隙間を埋められるというポイントが、害虫などの侵入さえも防ぐ役割をはたすんですね。


セルロースファイバーは根上建築の標準仕様

根上建築では自然素材による住宅を目指す目的で、断熱材にはグラスウールではなくセルロースファイバーを使用しています。豊橋市、豊川市、田原市内でセルロースファイバーにご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。無料相談も受付中。

2014.04.05