西側道路の土地と東側道路の土地、どっちがいいでしょう?

道路の位置はどの方位がベスト?

先日知り合いに相談を受け、土地の選び方について少し語りました。敷地の道路位置について一般的には南側道路が1番、次に東側、西側、北側という順位となります。その理由についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

南側道路敷地の考察

2014-322-1

南側道路のメリットは何と言っても日照時間の長さ。日の出から日没までの時間で家に日がさす時間が一番多い。子供さんがいるご家庭なら、この日照時間はできる限り考慮したいところです。また南向きの敷地は、当然駐車場を南に設けるため必然的に南側が開けます。これもまた住んでいて気持ちがいいものですね。

東側道路敷地の考察

2014-322-2

西側と東側の敷地でよく検討されている方を見ますが、やはり東側道路の方が西側に比べ気持ちがいいです。まず朝日を受けられるということ、冬場は北西の風が吹きやすいので、寒さをしのぎやすいということ。日がさす昼間、特に午前中は玄関が明るいと一日が気持ちよく過ごせます。

西側道路敷地の考察

2014-322-3

つづいて西側道路の敷地。東側道路に比べやや劣りますが東側隣地の家の形状次第では朝日も入ってきます。西日は良くないとよく聞きますが、根拠としては夏場の暑い日差しがいつまでも家の中に入り込むというものです。朝日は夏場であってもなかなか気持ちの良いものですが、夏場の西日はいつまでもじわじわとくる感じがしますものね。

北側道路敷地の考察

2014-322-4

北側道路が全くよくないということではありません。北側道路でも設計次第では住みやすく面白い土地になることもあります。ただ一般的に南側や東側道路に比べると素直に劣る面があるというだけ。北側道路の特徴は、駐車場が北側にしか置けないため、必然的に南の庭が狭くなること。このため南側敷地の家が北側いっぱいまで寄ってきていますと、いよいよ日差しが入りません。1階部分は冬場がひどいそうです。また、日がささないことは洗濯物の乾きにも影響しますよね。平坦な土地では北側道路はあまり選ばない方がよさそうです。
では逆に北側道路を面白くする工夫とはなんでしょうか?これはまた次回お話いたしましょう。


ということで、敷地は西側よりも東側道路の方がメリットが多そうです。西日の影響としては、ほかにも観葉植物によくないなどの点も挙げられますが、ここでは割愛させていただきます。

2014.03.24