古民家リフォーム工事 <仁崎の家> その1

仁崎の家

先日見学会をさせていただいた仁崎の家の写真を数点アップいたします。

2階ロフト部屋

14-303-001

南北の風が通り抜ける理想的な配置のロフト部屋。ロフトといっても天井高もちゃんとある2階部屋なのですが、リビングと一続きになっているのでリビングのロフトそいうポジションになります。

ロフトから見る玄関

14-303-002

こちらの民家では、暖炉によって家全体を温める設計をしています。そのため玄関とリビングとはロフトを通じつながっています。昔ながらの土間からリビングを欄間でつなぐイメージに似ています。

広縁

14-303-003

広縁では、古家の建具と梁をそのまま利用しているため、新旧のあいまいな空間がこの家の味を引き出します。

子供室からダイニングを望む

14-303-004

子供室の建具はお施主様の選んだステンドグラス。新旧和洋のごちゃまぜの中にも、なぜか統一感のある味わいを持っています。

今回のリフォーム工事では、お施主様の強いこだわりがところどころに垣間見れる不思議で、面白い空間となりました。
第二弾では、リビング、キッチン周りもご紹介させていただきます。

田原市や豊橋市での丁寧なリフォーム工事受付ています。

根上建築では、リフォーム業者ではなかなか難しい解体後の丁寧なリフォーム工事を得意としています。新築はもちろん、増改築、リフォームなど職人ならではの丁寧な仕事をお届けさせていただきます。お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら 「 リフォーム・新築 お問い合わせフォーム 」

2014.03.04