フリーランス用 住宅ローン 始まる!?

会社に属さない個人経営「フリーランス」の人口が増えている。都心部を離れ田舎暮らししながらノマドワーカーとして働く若者も多い。そんなフリーランスが抱える悩みのひとつに住宅ローンなどの借り入れが難しい点などが上げられる。背景には安定しない収入や保証が確保できていないために、貸し付けを行う銀行側がいい顔をしないからだ。そんなフリーランスに対してソニー銀行がフリーランス用の住宅ローンを開始することを発表した。関連記事を抜粋したのでごらんいただきたい。

フリーランス用 住宅ローン ソニー銀、国内初の商品

 会社などに属さずフリーランスで働く人を対象とした住宅ローン商品ができる。ソニー銀行が17日から取り扱いを始める。同銀によると、専用商品は国内で初めて。IT(情報技術)関連の人材仲介会社と連携し、この会社に登録する経験が3年以上の人を対象にする。金利は貸し倒れリスクに応じて幅をもたせる。  フリーランスは一般的に収入が不安定なため、借入期間が長期にわたる住宅ローンの審査に通りにくいとされる。内閣府の2019年の推計によると、日本の就業者のうち約5%にあたる306万~341万人がフリーランスとして働く。柔軟な働き方の普及には、環境整備が必要だが、住宅ローンもその1つに挙げられる。  ソニー銀はIT関連のフリーランスの人材を仲介する「ギークス」と連携する。同社が運営する人材仲介サイトに登録する人を対象に募集し、住宅ローンを提供する。商品性は一般の住宅ローンと同じで、最大2億円まで融資する。手続きはネット上で完結できる。  ギークスの人材仲介サイトには1万6千人が登録する。ギークスが19年に行ったアンケー卜によると、回 答者の32%が「住宅ローンやクレジットカードの与信審査など社会的信用度に懸念がある」と答えた。  フリーランスは特定の企業に所属せず、スキルを用いて仕事をする個人事業主のことを指す。日本でも自由な働き方を求める人が増えており、近年注目が高まってきている。これまではフリーランスとして働きたくても、住宅ローンが組みにくいなどといった理由で二の足を踏む人もいた。

日経 2020年02月16日朝刊

 

対象はIT関連の人材仲介会社「ギークス」に3年以上登録経験が必要

対象となるフリーランスは、まずIT関連に絞られるようだ。ここでデザイナーの枠が外されてしまうのは正直フリーランスの大半を失っているような気がしてならないが・・・。続いて人材仲介会社「ギークス」に3年以上の登録経験が必要と言うことで、主に都心部のフリーランスに向けられたサービスなのかな?という印象。この先この枠が拡大して、IT以外の分野や職業に限らずにフリーランスが借りられるサービスができることを期待したい。

2020.02.17