トリプルガラスサッシ!YKKAPより発売!

冬場の寒さはサッシから

日本のサッシ(開口部)は、海外に比べて断熱性能が極端に低いのだそうです。確かに北欧などの雪の多い国では、外の窓ガラスの内側に木のサッシが付いていて、最低でも2重サッシを採用しているように思います。日本はどうかといえば、寒い雪の降る冬の季節でも、お寺などでは障子紙一枚であったり、うすいガラス戸一枚であったりという印象が強く残っています。(さすがに昨今ではペアガラスが主流ですが)このように冬場の寒さ対策はサッシに注目して行う必要があるように思います。

ペアガラスでシングルの2倍

さて、昨今デフォルトになりつつあるペアガラスですが、ペアガラス自体の断熱性能は、通常のシングルガラスサッシのおよそ2倍程度なのだそうです。2倍だからすごいのかと言われれば、確かに従来よりも寒さを感じにくくはなり、結露もほとんど出ることはなくなりました。しかし室内が寒くなくなったかと言われると実はそうでもないのではないかと思います。

YKKAPから出たトリプルガラスサッシの性能は従来の4倍

YKKAPからペアガラスのさらに上をいく性能を有したトリプルガラスサッシは、なんとペアガラスサッシのおよそ4倍の断熱性能を有します。ここまでくると、ほぼ屋外の気温の影響をほぼ受けないサッシだということがお分かりいただけるかと思います。

サッシだけのリフォームもオススメ

とにかく従来の木造住宅は断熱性能が弱い。それは屋根からのものもありますが、冬の寒さに関していえば、やはりサッシからの冷気がひどいことが暮らしていればわかります。床冷えは肩こりや腰痛など健康面にも影響を及ぼしてしまいますので、ご年配の方にはこのトリプルサッシがお勧めですよ。リフォーム、お見積りはお気軽にお問い合わせください!

2019.09.11