システムキッチンのメーカー比較

キッチンのメーカー比較をしてみる

キッチンのメーカーを集めてみました。

キッチンには数多くのメーカーがあり、それぞれオリジナルの特徴を持っています。まずはキッチンのメーカーの種類をまとめてみたいと思います。

01 panasonic

20131023-1

洗礼されたデザインと質の高さがポイント。キッチンメーカーでは文句の付けどころのない安定性のあるブランドです。オリジナルの3連コンロは使い勝手抜群です。
≫ panasonic ホームページ

02 LIXIL(旧サンウェーブ)

20131023-2

お手頃な値段のキッチンから高品質なキッチンまで幅広くそろっているメーカー。私もお客様に多く納品させていただいています。LIXILは旧サンウェーブが新しくなったブランドで、以前よりもスタイリッシュでモダンなデザインになりました。コストパフォーマンスの良いブランドです。
≫ LIXIL ホームページ

03 クリナップ

20131023-3

幅の広い巾木(足元の部分)が特長のメーカーです。重厚感のあるデザインがお好きな方にピッタリです。コストパフォーマンスの高いキッチンメーカーです。クリナップと言えば天板のステンレスですですが、人工大理石の天板も用意されています。オリジナルの自動洗浄付レンジフードも人気のひとつ。
≫ クリナップ ホームページ

04 トーヨーキッチン

20131023-4

ほぼオーダーメイド的なキッチンメーカーで、モダンなデザイン、都会的なデザインのキッチンです。クールなデザインの住宅にピッタリです。コスト的に余裕がある方にはおススメのブランドです。
≫ トーヨーキッチン ホームページ

05 トクラス(旧ヤマハリビングテック)

20131023-5

独特の天板デザインが多いトクラスは、女性に好まれる傾向にあるようです。丸くデザインされた流しや、可愛らしい色合いの配色など、女性目線なキッチンデザインがうれしいですね。
≫ トクラス ホームページ

06 TOTO

20131023-7

独特の発想から生まれた2段天板。バーカウンターのような使い方もできてオシャレな空間ができそうです。その他機能的にも優れているTOTO。少々コスト的余裕がある方におススメです。フィルターいらずのレンジフードもおすすめ。
≫ TOTO ホームページ

07 ノーリツ

20131023-8

給湯器メーカーのノーリツが作るオリジナルのキッチン。数ミリ単位で幅設定が可能で、既製品にはない自由度を持ったキッチンです。
≫ ノーリツ ホームページ


まとめ

いかがでしたでしょうか?お好みのキッチンブランドは見つかりましたか?キッチン選びはお家づくりの楽しみの一つ。キッチンで生活が楽しくなるような、そんなキッチン空間にしたいですね。

2013.10.23