キッチンリフォーム受付中

最新のキッチン

20131017-1

設計型キッチンとシステムキッチン

キッチンも実は建築設計事務所ではフルオーダーで製作できます。もちろんそれなりに値は張りますし、デザインも思いのまま。しかしキッチンに関して言えば、個人的にはシステムキッチンをおススメします。なぜならば、昨今のシステムキッチンの機能が素晴らしすぎるからです。では、どのように素晴らしいのかちょっと見ていきましょうか。

コンロの使い勝手

20131017-2

パナソニックのコンロは3連のトリプルコンロ。IHもガスもどちらでも設置が可能。このトリプルコンロ、鍋同士のぶつかり事故がないんです。また、奥行に余裕があるので、コンロの周りに置きたい調味料などが一時的に準備しやすい。

収納の量がすごい

20131017-3

通常巾木の部分(床と家具の間の10cmくらいのところ)はデッドスペースとして扱われます。しかしシステムキッチンはそんなデッドスペースでさえも有効活用。設計するキッチン家具ではここまでするとかなり費用と工夫が必要になってしまいます。大手メーカーならではのメリットです。

掃除が楽

20131017-4

システムキッチンには掃除が簡単にできるように独自のコーティング技術が施されています。パナソニックのシステムキッチンでは有機親水コーティングという表面を平にするコーティングによって、汚れをふき取りやすくしています。
設計したキッチン家具では、ここまでのコーティング技術を使用しないため、最初のデザインはいいのに、汚れが目立つようになったりしてしまいがちです。

ユニバーサルデザインで車いすにも対応

20131017-5

キッチンのスペシャリストが研究して作られたシステムキッチン、使い勝手だけでなく使い手の負担も減らしてくれます。今お使いのキッチンの高さが高すぎないか、低すぎないか、キッチンはあなたに合った高さでなければあなたの負担を軽減できません。


リフォームで気持ちのいい食卓

キッチンのリフォームは家を変える

20131017-6

住宅における最大の愉しみ空間と言えば、やはりキッチン・ダイニングでしょう。家族みんながそろうキッチンダイニングが素敵であればあるほど、朝が楽しくなるし、夜の食卓が愉しみで帰りたくなる。住宅プランの中でいちばんこだわりたい空間です。

根上建築ではキッチンとダイニングの配置にはいつもこだわりを持って設計させていただいています。ただ対面型であればいい?いえいえ、対面なだけでは素敵な空間とは言えないんです。キッチンやダイニングの空間が、朝日を浴びて明るく、一日のスタートを元気づけてくれるような、そんな「空間」を設計させていただきます。

キッチン・ダイニング・リビングの配置

LDKの配置は、そのご家庭によって様々です。調理の匂いがリビングに来るのを嫌う人、LDKを一体にして大空間を味わいたい人、キッチンとリビングという一件異色の空間を、同じ大開口で共有することで、キッチン空間を愉しみたい人など。
どのようなご要望のプランであっても、根上建築では根上建築しか出せない面白みのある空間設計を心がけています。ご興味のございます方はお気軽にご相談ください。


豊橋のリフォーム工事に匠の工務店 根上建築

根上建築のリフォーム工事は、大工職人の丁寧な施工リフォーム。親の代から受け継いだ大工作業は、大手建設会社が作る子会社のリフォーム工事とは一味違います。
よくネットなどで書き込まれるひどい工事の実態。建築部材には日本の高温多湿の気候に合わせた使い方があります。その部材の癖を良く知らない若手だけの工務店は、部材の膨張や乾燥を気にしません。根上建築が匠と呼ばれるのは、そうした部材の持つ特徴、癖をうまく生かした施工を行えるからだと言えます。
リフォームのように壁の中身がどうなっているのかわからないような工事は、職人の知識と知恵が必ず役に立ちます。古い住宅であってもかまいません、お気軽にご相談ください。

2013.10.18