天井をリフォーム

天井のリフォームで、室内の雰囲気がガラッと変わる。

02

リフォームされるお客さま、室内の雰囲気が変わるとワクワクしますよね、今日は、間取りだけじゃなく、簡単に天井を変えるだけでも室内空間がガラッと変わるお話をさせていただければと思います。

天井の仕上げ材にはいろいろございますが、ベタなものではクロス。続いて多いのが木材(板材)ではないでしょうか。それ以外にも塗材、無機質材(化粧石膏や木毛セメント板など)金属などがあります。

クロス貼り

03

一般的な天井材として、クロス貼りがあります。石膏ボード下地にビニールクロスを貼り付けていきます。クロスにはいろいろとカラーバリエーションや柄の種類がありますので、クロス貼りでも板目調や塗り壁調、無機質調など選ぶことができます。また、洋紙のように天井にイラストの描かれたものをあり、クロス貼りといっても仕上がり具合は多様に広がります。

板張り

04

自然系の素材を使用されたい方には、この板張りがおススメ。接着剤を使用しないので、アレルギー反応が出にくくなります。また、材の持つ調湿機能や、保温性もプラスに働くことがあります。

塗り材

板張り同様に、アレルギー持ちの方には塗り材もおすすめ。ただし下地材には石膏ボードを使用。職人さんの作業なので、そこそこ仕上げに施工費用がかさみます。

無機質材

05

主には化粧石膏ボードや木毛セメント板となります。化粧石膏ボードは、吸音材としての効果を併せ持ったものもメーカーから出ていますし、事務所系の天井では多く使用されていますね。ちょっと住宅には向かないかもしれないですが、昔は洗面脱衣などの湿度の高い天井に使用していました。また木毛セメント板はモダンでシックな室内に使用することがあります。無機質でいて表情がある木毛セメント板は、店舗や旅館、ギャラリーなどに多く使用されています。住宅ではちょっとホコリが気になってしまい使用することはマレですね。

2017.02.10