湖西市 住宅改築に補助事業 空き家活用で移住促進

お隣湖西市で住宅改築に補助金を出す動きがはじまります。空家の購入を促進させるための事業だということで、新築や中古住宅を検討されている方におすすめです。

補助金対象工事

全ての工事が補助金対象というわけではないので、ここでまとめておきます。

  • バリアフリー化工事(手すり、スロープなど)
  • 省エネルギー化(断熱工事など)

断熱工事に内壁や外壁の剥がしが含まれると思いますので、この時に内壁が新しくできる可能性はありますね。ただし上限が20万までとなっておりますので、大規模な改修とまではいかないかもしれないです。

103

改築、リフォーム工事はおまかせ

購入を検討されている中古住宅の改築工事やリフォーム工事がございましたらご相談ください。根上建築が新築からリフォーム工事までお手伝いさせていただきます。

湖西市は空き家の活用や移住促進を図るため、4月から住宅リフォームヘの補助事業を始める。手すり設置などのバリアフリー化や断熱改修などの省エネルギー化の工事が対象。1軒20万円を上限に補助を行う。

補助の対象は一定の耐震性を有する住宅。耐震性が不足している場合は、耐震化工事の補助事業と併用も可能とする。市は年間25件以上の申請を想定し、2016年度は計500万円の予算を確保した。

申請者の条件は、市民またはこれから市民になる予定の人で、かつリフォームする住宅に住む予定の人。人口減少対策も見据えた施策のため、市建築住宅課は「市外から転入者を呼び込めるよう、市民に限定しない形とした」と説明する。

静岡 2016年03月31日朝刊

2016.03.31