切妻屋根と寄棟屋根のおススメはどっち?

実際に住んでみると切妻屋根の方が住み心地が良い。
というのは、夏場の日差しが強い時期に熱がこもる屋根裏は、換気しやすい構造の方が良いということなのです。

切妻屋根の場合

2015717

切妻屋根の場合は、妻側の面に換気ガラリを設置することができます。昨今では屋根に乗せる瓦の棟部分に通気ガラリ付の棟資材を利用することが多くなったため、この妻側の面の換気ガラリを見る機会が減ってはきていますが、やはり効果としては妻側の面のガラリの方が面積が大きいのと、妻側の東西に抜ける風を利用できる点などでは大きなメリットを持っています。

2015716

通気棟資材にはいろいろなタイプのものがありますが、小屋裏が呼吸することは確かです。ただ、雨水の侵入を防ぐためにトラップが用意されていますので、空気の流れとしてはスムーズではないのです。

2015718

夏の直射日光から受ける屋根の熱は断熱材だけではなかなか完全に防げません。こうした小屋裏の機能を利用して更に断熱性能を高めるというのも省エネと工事費削減のポイントだと思いますね。

寄棟の場合

2015719

寄棟屋根の場合、完全に棟からの換気以外は小屋裏の熱を逃がすことができません。軒天からくるわずかな空気は出口がないのです。そのため、夏場にはなかなか屋根からの熱が冷めず、寝苦しい夜となってしまうこともしばしば。これを防ぐために天井裏に通常よりも多くの断熱材を必要とします。

見た目がかっこいい寄棟も、機能的には切妻の方が日本の風土にはあっているような気がいたしますね。もちろんお客様の好みですので、どちらの形でも快適に暮らせるように断熱材や工法に工夫はさせていただきます。が、省エネとコストからみた場合には、切妻の方が長けているという点、お忘れなく。(雨漏りも寄棟よりしにくいですよ。)

2015.07.03