建売、中古住宅購入前にチェックすること!

こんにちは、根上建築です。
住宅を購入後に発生するトラブルとして、やはり多いのが手抜き工事。もちろんここ数年では確実に減ってはきていますが、メーカーが販売する住宅を施工しているのは、あくまでも下請け工事業者。この工事業者は表向きに顔を見せることはないので、メーカーの名前だけで家を購入してしまうと、後で痛い目にあうというのもよくあるお話です。

さて、そんなトラブルを避けるために、住宅購入前にチェックしておくべきことをまとめてみました。

1:周辺の地盤状況

建物が徐々に傾いていく原因には、地盤の影響が一番強いです。その地域が埋め立てなのか、沼地だったのか、田畑だったのか、ある程度調べておくのが無難です。ちなみに、その土地の住所を見てみると、意外とそこが何の跡なのかがわかることもあります。

特に「字」の後につく文面には過去の災害などを表しているとする地域が多いようです。例えば湿地などでは「フケ」(沮決・泓・深)「ヤチ」(谷地・谷津)、河川では「エダ」(江田・枝)などの地名が使われていたといいます。

2015-526-5

2:とにかく部屋全体を歩く

見せてもらう建物の中は、必ずくまなく歩くこと。扉を開けて終わりではなく、奥まで歩く。すると、入り口ではきしまなかった床が、奥ではきしむ。などの情報を知ることができます。

3:天井裏を見せてもらう

住宅には、天井裏点検口なるものが必ずあります。それは、配線や照明器具の故障などの時に対応できるようにするためです。昔の家であれば、押入れの天井をあけて入ることができます。この時に、梁のたわみや梁の太さ、根太の間隔などをチェックできるといいですね。

4:上下水、ガス、電気のチェック

特に気にされない方もいらっしゃいますが、下水が来ているか来ていないかでは、浄化槽の管理費が必要であったり、トイレに洗剤を流せなかったりしますので、意外と重要です。
ガスには、都市ガスとプロパンがありますが、基本料金が異なるので、主婦の方はチェック!

2015.05.03