住宅エコポイント受付、いよいよ3月10日から

住宅のエコポイント

住宅エコポイントは、省エネ性能の高い住宅の「新築」「リフォーム」を対象としたポイント制度で、家電や農林水産品、全国で使える商品券などとの交換ができる制度です。ただ、まだ農林水産品などの内容は決まっていないようです。

0120-218-1

記事抜粋

国土交通省は16日、省エネ性能の高い住宅の新築やリフォームに最大45万円分のポイントを与える住宅エコポイント制度に関し、申請の受け付けを3月10日から始めると発表した。ポイントは省エネ家電や農林水産品、全国で使える商品券などに交換できる。  太陽光発電パネル、二重サッシなどを備えたエコ住宅の新築に1戸当たり30万円分を付与。窓や外壁の断熱化といったリフォームは30万円分を上限として、耐震改修を併せて施す場合はさらに15万円分を上乗せする。施工契約が昨年12月27日以降で、来年3月末までに着手することが条件となる。  ポイント発行や商品との交換の申請は、国交省が民間に委託した事務局で受け付ける。発行申請は遅くとも今年11月末に締め切る予定だ。具体的な商品は近く決める。  政府は昨年末の閣議で、消費税増税によって冷え込んだ住宅市場を活性化するため、2010年と12年に導入した住宅エコポイント制度の復活を決定。14年度補正予算に経費805億円を計上した。

静岡 2015年02月17日朝刊

2015.02.18